2014年08月09日

2014.08.06-09


広島と長崎は原爆投下から69年目の夏を迎えました。

先日、この動画を見つけ涙しました。

この動画をご覧になって是非考えてみて欲しいのです。


原爆投下のそもそもの原因は戦争でした。

その戦争を終わらすための行為だった。

それは石が溶ける程の、人間が一瞬にして燃え尽きてしまう程の、何世にも渡り見えない恐怖と闘う程の、

非人道的過ぎる行為であっても正しかったと言えるのでしょうか。

本当に正しかったと言うならば広島や長崎に是非いらして下さい。

被爆者の体験談や写真、たくさんの遺品を冷静に視聴出来るはずです。

目を反らす事なく直視できるはずです。

現状を直視出来ないのは非人道的だと分かっているからではないですか?

現状を直視されてもそれでも正しかったと言えたなら…


“あなたは心ある人間ですか?”と問いたいです。


『アメリカ国民5割原爆投下間違っていなかった。松本人志がキレて号泣。』

http://www.youtube.com/watch?v=1IyDLroOGww&sns=em
posted by かもめのジョナサン at 11:42| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

2013.8.15 12:00


今日は「終戦の日」です。

「終戦の日」とは「戦没者を追悼し平和を祈念する日」です。


日本は68年前に終戦を迎えましたが、

各地ではまだ紛争等が絶えません。


「平和」という当たり前でなければならない事が、まだまだ当たり前ではありません。


核を保有し、国を守らないといけないほどに緊迫した状態にあります。


日本ではもう戦争は、終わった事かも知れませんが、

終戦の日に本当に祈らないといけないのは、

世界全ての国が平和になる事です。


戦争でたくさんの尊い命を失いました。

これはどの国も共通して言える事です。

日本だけでなく、世界中の戦争で亡くなった方々への追悼。

そして

世界中の平和を祈念しましょう。


Today,68 years ago, Japan held the end of the war.

I pray. Mourning to people which passed away in the war in the world.

I pray all countries become peaceful.
posted by かもめのジョナサン at 12:20| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

2013.8.9 11:02


68年前の今日長崎に原爆が投下された日です。

68 years before is a day when the atomic bomb was dropped in Nagasaki.


二度と過ちが無いように祈りましょう。

Let's pray so that there may be no such sad thing.


戦争・争い・紛争が、この世から消え去り、平和な地球に、なりますように。

The war, the argument, and the dispute disappear from this world, and the peaceful earth!


平和を祈りましょう…黙祷…

Please pray for peace.




実在した佐々木禎子さんの歌です。

It is a song of Ms. Sadako Sasaki who existed really.

平和について考えて下さい。

Please peace and think.


『クミコ / INORI祈り』

http://www.youtube.com/watch?v=4ZF9E_gnYpc&sns=em
posted by かもめのジョナサン at 11:04| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

2013.8.6 8:15


68年前の今日広島に原爆が投下された日です。

68 years before is a day when the atomic bomb was dropped in Hiroshima.


二度と過ちが無いように祈りましょう。

Let's pray so that there may be no such sad thing.


戦争・争い・紛争が、この世から消え去り、平和な地球に、なりますように。

The war, the argument, and the dispute disappear from this world, and the peaceful earth!


平和を祈りましょう…黙祷…

Please pray for peace.




漫画「はだしのゲン」が原作のドラマです。

The comics "Hadashino Gen" are original dramas.


平和について考えて下さい。

Please peace and think.


『フジテレビ2007「はだしのゲン」原爆投下1/2』

http://www.youtube.com/watch?v=zqyJKZJKl-U&sns=em


『フジテレビ2007「はだしのゲン」原爆投下2/2』

http://www.youtube.com/watch?v=ZVKfx6gEjMM&sns=em
posted by かもめのジョナサン at 08:03| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

輪廻転生 12

【シーン9 兵隊としての奮闘】


…兵隊として蘇った者達は戦火へ潜り込む…
(A、Bは本当の兵隊。1〜5は潜り込んだ兵隊)


兵隊A「明日はいよいよ、この爆弾を投下する日だな…」

兵隊B「今までにない威力らしいぜ…」

兵隊A「これもお国のためだ!名誉な事さ!」

兵隊B「なんだか気が重いぜ…」

兵隊A「馬鹿を言うな!隊長に聞かれたら殺されるぞ!」

兵隊B「俺達には拒否する事さえできないのか…」

兵隊A「あぁ!分かったら、さっさと準備を済ませちまおうぜ!」

兵隊B「わかったよ…はぁ…(深いため息)」

兵隊1「俺達って、いったい何のために戦ってるんだ?」

兵隊A「それは、お国のためだろうが、決まってるさ!」

兵隊2「この爆弾を相手国に落とすと、それは我が国のためになるのか?」

兵隊B「それなんだよ…この兵器で、いったい何人の人が死んでしまうのか分かるか?それが我が国のためになるとはどうしても思えない。」

兵隊3「憎しみが哀しみを生むだけだ。ただそれだけなんだ。」

兵隊A「馬鹿も休み休み言えよ!俺達がこいつを落とさないと、俺達は負けてしまうんだ!それが何を意味するか分かって言ってるのか?!」

兵隊4「哀しみは何も残らないんだ。憎しみだけがいつまでも残るんだ。」

兵隊5「憎しみからは、何も生まれないんだよ。」

兵隊B「僕もそう思えてならないんだ…僕には投下できない。」

兵隊A「目を覚ませ!このことは隊長に報告するからな!」

兵隊1「あぁ、報告すればいい。むしろ、自ら報告したいものだ!」

兵隊B「我々には投下できないと伝えてくれ。」

兵隊A「話しにならん!とにかく隊長を呼んで来るからここで待っていろ!」


…兵隊Aは怒鳴りながら隊長を呼びに向かった…


隊長「どうしたんだお前達!」

兵隊1「隊長に聞きたい。なぜ私達は、この爆弾を投下せねばならないのですか?私達はこれ以上戦っても、何の意味もないと思っております。」

兵隊2「無駄に命を失うだけだとは思いませんか?」

兵隊3「お国のために死ぬ事が名誉な事だとは思えません。その死を受け入れなければならない遺族の事を思うと、どれほど罪な事かと思います。」

兵隊4「それは相手国も同じなのではないでしょうか?」

兵隊5「全てが正しい事なんてないんです。私達数名が思う事が正しい事をご理解下さい!お願い致します!!」

兵隊B「私も同感です。私は投下できません。」

隊長「私も諸君が言っている事が正しい事だと分かっている。分かっているんだよ…だが、もうどうする事もできないんだ。誰も救う事はできないんだよ…遅すぎたんだよ、全てが…」


…全員落胆するが、これではいけない事をそれぞれが再確認した…
posted by かもめのジョナサン at 12:06| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

輪廻転生 11

【シーン9 現世へ再び】


…大王から新たな身体を授かった者達が、戦争を終決させるべく、立ち向かう…


兵隊1「私達は、この戦争を一刻も早く止めさせねばならぬ。」

兵隊2「そのために蘇ったんだからな!」

兵隊3「あぁ、みんなできるだけの事をやってみよう。」

兵隊4「バラバラになるが、色んな方面からなんとか導いていこう。」

兵隊5「くれぐれも、俺達の事は悟られないようにな!」

町人1「私達もなんとか入り込むよ!」

町人2「みんなの心を正しい方へ導くのさ!」

町人3「私達にしかできない方法でね!」

町人4「雑草魂を見せてやるわよ!」

町人5「くれぐれも悟られないように…慎重にね…」


…こうして兵隊と町人として蘇った者達は、現世を正しい方向へ導くべく、奮闘するのである…
posted by かもめのジョナサン at 00:30| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

輪廻転生 10

【シーン8 黄泉の国から現世へ】


…現世に戻る事を誓ったタケル達は、飼い犬コロの案内で大王の元へ行く…


大王「お前達は先日死んだ者ではないか…揃いも揃って何の用だ。」

タケル「私達は現世に未練を残したまま、黄泉の国へ参りました。きっとこのような事を願う者は多いとは存じ上げますが、どうか私達を現世へ戻しては頂けませんでしょうか…お願い致します!」

大王「未練か…お前達の未練とはなんだ。」

タケル「私達は現世で愚かな事しておりました。人間同士が殺し合い、醜い争いを行っておりました。ここに居る者達は、私達人間のせいで犠牲になった者達です。こんな無意味な戦争は、一刻も早く終わらせなければなりません。ここに居る者達で、それを成し遂げたいのです。」

ミケ「人間は愚かだ。だけどいい人間もいる。毎日、毎日、俺達野良猫に餌を与えてくれた。俺はそんな人間達がどうしても嫌いになれねぇんだ。救ってやりてぇんだ。お願いだ!現世へ戻してくれ!」

ブチ「俺、人間を恨み続けてきたけど、悪い奴ばかりじゃねぇって、やっと分かったんだ。俺も救ってやりてぇんだ!」

トラ「おいらは…おいらは、おばあさんを守ってやりてぇよ…だって、おばあさんは、いつもおいらたちを可愛がってくれたんだ…だから守ってやりてぇんだ!」

タマ「きっと今も、空襲に脅えています。私達をずっとずっと待っていると思います。どうか現世でおばあさんを助けさせて下さい!」

クロ「あたいもだよ!おばあさんは私達が守ってやんなきゃ駄目なんだよ!お願いだよ、現世へ帰しておくれよ!」

シロ「あたい達は、どうせ食われる身だからさ、なんなんだけど…戦争を終わらすなんて大変だろ?力になってやろうかなぁ…なんて思ってさ!」

チャボ「人間に食べられちゃう運命だけど、まぁ、それまではお世話になってるしね…」

クック「うちらも戦争は反対って事さ!こいつらだけじゃ、頼りないしさ…ハハハ」

コロ「どうかお願い致します。こんな愚かな戦争は、どうしても終わらせなければなりません。こんな失敗を犯してしまった罪は償わなければなりません。ですがその前に、もう一度だけ私達にチャンスを頂けないでしょうか!お願い致します!」


…しばらく考え込む大王…


大王「お前達の願いは分かった。だが、同じ容姿で現世へ戻す訳にはいかないのだ。お前達は全て新たな人間と産まれ代わり、戦争を終結させてくれ。これは私からも頼む。これ以上生命を無駄にするようであれば、滅ぼす他にないと思っておった所だ。頼んだぞ。だが、くれぐれもこの事が分からぬよう努めてくれ。その時点でお前達は終わりだ。分かったな。」

タケル「ありがとうございます!誓います!戦争を終結させる事を!」

みんな「はい!誓います!」


…こうして現世に戻る事になった。…


posted by かもめのジョナサン at 19:34| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

輪廻転生 9

【シーン7 黄泉の国】


…戦死したタケルは黄泉の国へたどり着いた
(このシーンは抽象的に)…


タケル「これが黄泉の国か…」


…幻想的な風景が広がる…


飼い犬コロ「黄泉の国…僕は死んでしまったのか…」


…野良猫達も黄泉の国へたどり着いたようだ…


ミケ「おい、ここって黄泉の国じゃねぇのか?」

ブチ「やっぱり、俺達死んじまったんだなぁ…」

トラ「おいらの一生は、悔いだらけだぜ…」

タマ「現世に悔いを残した者は、輪廻転生するって聞いた事ない?」

クロ「あるある!でも…どうすれば生まれ変われるの?」


…家畜達もたどり着いたようだ…


シロ「あら、黄泉の国にたどり着いちゃったわ…」

チャボ「いゃ〜ね…死人がいっぱいいるわぁ…」

クック「うちらも死人やないの…ハハハ」

シロ「そりゃそうだ…ハハハ」

チャボ「これから私達どうなるのかしら…」

クック「釜ゆで?!」

シロ・チャボ・クック「ヒィ〜…」


…三匹で恐怖の余り抱き着いて泣き出す…


タケル「もしかして…コロか…?」

コロ「はい。隣組から処分するように命令されました。」

タケル「惨い事を…」

コロ「タケルさんも戦死されたのですね…」

タケル「あぁ…ハルミに生きて帰ると約束したのになぁ…情けない父親だ…」

コロ「ハルミさんは、タケルさんを信じて待っています。一緒に戻りませんか?現世に…」

タケル「戻れるのか?」

コロ「はい!僕についてきて下さい!」

ミケ「ちょっと待った!その話し本当か?」

ブチ「俺達も連れてってくれよ!」

トラ「俺達には、やり残した事がいっぱいあるんだよ!」

タマ「おばあさん達を守ってあげたいの!」

クロ「あんなバカバカしい戦争なんて、もう終わらせないといけないでしょ?」

タケル「お前達…あぁ、みんなで帰ろう!現世へ!」

シロ「あたい達を忘れちゃいないかい?」

チャボ「力になるよ〜」

クック「食べないでおくれよ〜…」

タケル「あぁ、食べたりなんかしないさ。同志だもんな。」

みんな「ハハハ…」

コロ「では、みなさん行きましょう!」


…それぞれ力強く返事をする。そして現世を目指して歩み出す。…


posted by かもめのジョナサン at 20:49| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

輪廻転生 8

【シーン6 タケルの死】


…ナツコのもとに、タケルが戦死したと知らせが届いた…


隣組「ナツコさん!タケルさんが戦死したそうよ!名誉ある死を決して無駄にしてはいけませんよ!私達も精進しましょう!」

ナツコ「なんですって…そんな馬鹿な事があってたまるもんですか!!何かの間違いです!」

隣組「ナツコさん!しっかりしなさい!!」

ナツコ「そんな…そんな馬鹿な…」

隣組「タケルさんは、お国のために名誉ある死をむかえられたのよ!」

ナツコ「なにがお国のためよ…なにが名誉ある死よ…いい加減にして!!」

隣組「ナツコさん!あなたこそしっかりしなさい!」

ナツコ「帰って!!もう帰ってちょうだい!!」


…ナツコは玄関から隣組の人を追い出す。その後崩れ落ちるように床に倒れ込む。…


ワタル・ハルミ「お母さん!!」


…ワタルとハルミは、母のもとへ駆け寄る。…


ワタル「お母さん…大丈夫ですか?」

ナツコ「大丈夫よ…お父さんが死ぬわけないわ…あなたたちを残して、死ぬはずがない…」

ハルミ「そうよ!お母さん!お父さんはハルミに約束したもん!生きて帰るって!」

ナツコ「そうよね…きっと帰ってきて下さるわよね…」

ワタル「信じて待ちましょう。」

ナツコ「ありがとう…ワタル、ハルミ…」


…三人は抱き合って号泣する…


posted by かもめのジョナサン at 21:01| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

輪廻転生 7

【シーン5 家畜の運命】


…民家の脇で暮らしていた家畜達は、逃げる事もできず、ただ、ただあわてふためいていた。(この場面はコミカルな感じで)…


シロ「私達…人間に捨てられたのかしら…」

チャボ「そんな事言うもんじゃないよ!ずっとお世話になってただろ?」

クック「でもさ、人間は防空壕に避難してるのに、私達はほったらかし…」

シロ「もう何日も餌を食べてないよ…」

チャボ「確かにそうだけれども…」

クック「私達忘れられたんだよ…きっと…」


…三匹抱き合っておいおい泣いている…


シロ「泣いてる場合かぁ?」

チャボ「そうだ!私達も避難しなきゃ!!」

クック「避難ってどこへ??」


…アイデアが浮かばす、また三匹抱き合っておいおい泣く…


シロ「やっぱり死んでしまうの…私達…」

チャボ「まぁ、家畜だから、いつかは食われて死んじまうけどさ…」

クック「爆弾で丸焼きは嫌ダァーッ!」


…また三匹抱き合っておいおい泣く。そこへ空から爆弾が落ちてきた…


シロ「もうだめダァーッ!」

チャボ「鶏の丸焼きは嫌ダァーッ!」

クック「鳩の丸焼きは旨くないわヨォーッ!」


…辺りが真っ暗になり、三匹は倒れていた…


シロ「うちもう駄目…」

チャボ「私もあかんわ…」

クック「ピッピッピッピー…ご臨終です。」


…三匹抱き合っておいおい泣いてる…


シロ「今度生まれてくる時は、人間になろうな!」

チャボ「そや!またここで一緒に暮らそ!」

クック「それえぇなぁ♪」

シロ「それではみなさん、あの世で逢いましょう…」

チャボ「あかん…三途の川が見えてきた…」

クック「チ〜ン!ご臨終です」


…こうして賑やかな家畜達も命を落としたのだった…


posted by かもめのジョナサン at 00:48| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

輪廻転生 6

【シーン4 野良猫の祈り(続)】


…火の海をくぐり抜け、おばあさんのいる防空壕へたどり着いた…


アキコ「さっちゃん!早く早く!」

サチエ「待ってあきちゃん!息が切れて…」

アキコ「もう駄目だわ…零戦が…」


…飛行機の音がどんどん近づいてくる…


サチエ「あきちゃんだけでも逃げて!私はもうだめ…」

アキコ「あなたを残して逃げられないわよ!ほら頑張って!!」


…逃げ遅れたアキコとサチヨが攻撃されそうになっている…


ミケ「ばぁさん!危ない!」

ブチ「何とろとろしてやがる!」

トラ「もう間に合わねぇ!!」

タマ「零戦が…」

クロ「あっ!危ない!!」


…一発目の爆弾は、運よく当たらなかった…


ミケ「急げみんな!!」

ブチ「次の爆弾も落としやがった!」

トラ「もう駄目だ!」

タマ「おばあさんを助けましょう!」

クロ「私達が盾になるわよ!!」


…みな、おばあさんに向けて飛び立った…


…激しい爆音と共に、辺り一面一瞬見えなくなる…


…暗闇の中からアキコとサチエを、身体を盾にし守ってくれた野良猫達がいた…


サチヨ「あなた達、いつも来ていた猫達ね…私達を守ってくれたのね…」


…サチヨはボロボロになった野良猫達を抱き抱えた…


ミケ「ばぁさん…大丈夫か?…」

サチエ「あぁ…あなた達のお陰で傷一つないわよ…」

ブチ「よかったな、ばぁさん…」

トラ「とろとろしてんじゃねぇぞ…」

サチヨ「あなたたち…こんなにボロボロになって…」

タマ「おばあさんが無事ならそれでいいの…」

クロ「いつも餌くれたでしょ、ありがとね…」

サチヨ「…」


…サチヨは野良猫達を抱き抱えボロボロ泣いた…


ミケ「なぁ、ばぁさん…ばぁさんにお願いがあるんだ…」

ブチ「こんな無意味な戦争を終わらせて欲しいんだ…」

トラ「なんも得るもんがねぇ、この戦争を…」

タマ「おばあさんなら私達の声聞こえるでしょ…」

クロ「命の声を…」

サチヨ「こんな酷い話しがあったらいけないわよね…人間の身勝手な行為で、あなたたちが傷ついて…こんな事、もう二度とあったらいけないよね…私に任せてちょうだい…きっと終わらせてみせるから…安心しておやすみ…何にももう、心配しなくていいからね…ゆっくりおやすみ…」

ミケ「ばぁさん…頼んだぞ…」

ブチ「ばぁさん…死ぬんじゃねぇぞ…」

トラ「ったくよ…世話のやける奴らだぜ…」

タマ「おばあさん…頼みます…」

クロ「生き抜いてね、おばあさん…」


…一匹ずつ一言声をかけながら、死んでいきました。サチヨに願いを託して…


posted by かもめのジョナサン at 17:39| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輪廻転生 5

【シーン4 野良猫の祈り】


…空襲をくぐり抜け、やっとおばあさんの家へたどり着いた…


ミケ「ばぁさん、大丈夫か!」

ブチ「もぬけの殻だなぁ」

トラ「きっと防空壕だぜ」

タマ「防空壕には人がたくさんいるわ」

クロ「防空壕にとりあえず行ってみようよ」

ミケ「そうだな!とりあえず、ばぁさんを見つけるのが先だ!」

ブチ「よし!早く行こうぜ!もうじきここも攻撃されちまうぜ!」

トラ「そうだな、急ごうぜ!!」

タマ「路地は火の海よ!ここで水を浴びて行きましょう!」

クロ「そうだね!そうしようよ!」


…みな、池の水で身体を濡らし、急いで防空壕へ向かった。…


posted by かもめのジョナサン at 16:25| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

輪廻転生 4

【シーン3 野良猫の運命】


…毎晩のように空襲があり、
野良猫達は逃げ回る日々が続いていた…


ミケ「くそ!毎晩、毎晩、空襲しやがって!」

ブチ「ったくよぉ…人間は何を考えてやがる。同じ人間同士で殺し合いしやがって…」

トラ「ほんとだよな…自分で自分の首を絞めてるようなもんだぜ…」

タマ「私達…どうなるのかしら…もう食べるもんもありゃしない…」

クロ「ほんとよね…どうしたらいいの…うちら…」

ミケ「俺…隣のばぁちゃんがいつも飯食わしてくれてたからよ…守ってやりてぇんだ…」

ブチ「マジで言ってんのかよ?!」

トラ「人間が勝手に戦争してんだろ?なんであいつらを助けなきゃなんねぇんだよ?!」

タマ「私もおばあさんには、よくしてもらったわ…」

クロ「うちも…おばあさんだけでも、助けてあげたいわね…」

ミケ「俺に力を貸してくれねぇか?」

ブチ「何かいい方法があるのかよ。」

トラ「ミケの頼みなら聞かない訳にはいかねぇだろ?」

タマ「どんな方法があるの?私も協力するわ。」

クロ「ったく、あんた達ってお人よしね…」

ミケ「ありがとう、みんな…。ばぁちゃんに何とか戦争を終わらせる方法がないか、相談してみようと思うんだ。」

ブチ「ばぁさんにか?」

トラ「どうやって相談すんだ?」

タマ「私達の声は、おばあさんには分からないわよ?」

クロ「うち、聞いた事がある。人間には動物の声が聞こえるやつがいるって…」

ミケ「あぁ…あのばぁちゃんなら、きっと聞こえると思うんだ…」

ブチ「…難しそうだけど、やってみっかぁ!」

トラ「おぅ!そう来なくっちゃ!」

タマ「私も力になるわ!」

クロ「うちも力になるよ!」

ミケ「みんなありがとう!」


…野良猫達はおばあさんのもとへ急いだ…


posted by かもめのジョナサン at 23:05| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

輪廻転生 3

【シーン2 飼い犬の運命】


…戦時中は食べ物が少なく、
飼い犬達は、処分するよう命令されていた。…


ナツコ「ワタルとハルミ、少し話しを聞いてちょうだい。」

ワタル「なんでしょうか…」


…二人共、母の様子を伺うように座る…


ナツコ「隣組の人からの命令で、飼い犬を処分するように言われたの。
今は、人間が食べるだけで精一杯なの。
許してちょうだいね…」

ハルミ「お父さんの次は、コロ?
なんでこんな事ばかり…
もう、我慢できないよ!」

ナツコ「ハルミ!お母さんの言う事を聞いてちょうだい!
お母さんだって辛いのよ…」

ハルミ「お母さんのバカ!だいっきらい!!」

ワタル「ハルミ…
今はそんな事を言える時じゃないんだよ。
お父さんはお国のために戦地に向かったんだ。
僕らも堪えないといけないんだ。
分かるよね、ハルミ…」

ハルミ「全然分からないよ!
お兄ちゃんもバカ!だいっきらい!」


…ワタルは唇を噛み締めて、目に涙を浮かべながら、ハルミの頬を叩いた。…


ハルミ「みんなだいっきらい!」


…涙を流しながら、飼い犬のコロの元へ走って行った。…


ワタル「ハルミ!」

ナツコ「そっとしておいてあげなさい…」

ワタル「…そうですね…」


…コロに話しかけるナツミ…


ナツミ「コロ…ごめんね…
ずっとずっと一緒だったのに…
いっぱい、いっぱい助けてくれたのに…
私、コロとお別れしないといけないの…
コロ…私、ずっと忘れないよ…
コロも私の事、忘れないでね…
ずっと、ずっと側にいてね…
ずっと、ずっと…」


…コロを抱きしめながら、泣き続けるハルミ
(暗転)…


posted by かもめのジョナサン at 17:44| Comment(1) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

輪廻転生 2

【シーン1 召集令状】


…時は、第二次世界大戦。
召集令状が父タケルにも届いた。…


兵隊「タケルさんはご在宅か!」

ナツコ「はい、おりますよ。あなた、隣組の方がおみえですよ。」

タケル「はい、何でしょうか…」

兵隊「タケルさんに召集令状が届いております。」


…子供達は心配そうに覗き込んでいる。…


タケル「有り難く承ります…」

ハルミ「お兄ちゃん、あれ何?」

ワタル「…赤紙だ。戦地に行けと命令が下されたんだ。」

ハルミ「え…お父さんが…嫌!そんなの嫌だ!!」

ワタル「…」

隣組「タケルさん!お国のために精進して下さいね!」

タケル「はい…」

ナツコ「待って下さい!主人は病を患っております!
どうか勘弁して下さい!」

隣組「何を言っているの!お国のために戦う事は、名誉な事なのよ!」

兵隊「そんな事を言えば、非国民として牢屋行きだぞ!」

ナツコ「本当に勘弁して下さい!」

タケル「止めるんだ、ナツコ!」

ナツコ「あなた…」

タケル「どうかナツコを許してやって下さい。」

隣組「もう二度とこのような事を言わぬよう、
タケルさんからしっかり話して下さいね!」

タケル「わかりました。」

兵隊「では明朝、港まで来るように。」

タケル「はい、わかりました。」

ナツコ「あなた…」


…兵隊と隣組の人達は、ぶつぶつ言いながら家を出て行く。…


タケル「いつかこの日がくると覚悟はしていた。」

ナツコ「何がお国のためよ!こんな世の中にしたのは、日本国じゃない!」

タケル「よさないか…今は、そんな事を言うんじゃない。」

ナツコ「だって、そうでしょ?本当の事を言って何が悪いの?」

ハルミ「そうよ!お父さんは病気なのよ!
それに戦地に行ったら死んじゃうんでしょ?
帰って来られないんでしょ?嫌!そんなの嫌!」

タケル「ハルミ…お父さんは必ず生きて帰ってくる。
こんなかわいいお前を残して、死ぬわけないだろう?
必ず、帰ってくるからいい子にして待っていてくれるね。」

ハルミ「お父さ〜ん!!」

タケル「ワタル…留守中頼んだぞ。お前達も必ず生きろ。
どんな事があっても、生きてまたこの家で一緒に暮らそう。
それまで、頼んだぞ!ワタル!」

ワタル「はい!お父さんもどうかご無事で…」


…四人抱き合いながら、再会を誓い合う。(静かに暗転)…


posted by かもめのジョナサン at 22:53| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輪廻転生 1

タイトル:

輪廻転生

登場人物:

【人間界】

●父、タケル

●母、ナツコ

●兄、ワタル

●妹、ハルミ

【動物界】

●犬、コロ

●猫、ミケ

●兎、シロ

●鶏、チャボ

●鳩、クック

劇の流れ:

ある街の話しです。

人間界では、第二次世界大戦という、
人間が人間を殺し合う、
なんとも悲しい時代。

ワタルの父、タケルは、
お国のためにと戦地に向かいました。

非国民だ!と罵られても、
父、ワタルの無事を願う家族。

同じ頃、動物達は、
人間の身勝手な戦争の犠牲になっていました。

貧しくなっていった生活のため、
家畜や飼われていた動物達は、
殺されていきました。

動物達は、なぜこんな事になるのか、
皆目、検討もつきません。

今度、生まれかわったら、
必ず平和な世界にすると誓いながら、
死んでいきました。

生まれかわり、人間の姿になった動物達は、
力を合わせて、戦争を終わらせようとします。

なかなか、上手くはいかないけれど、
確実に平和へと導いていきます。

そして、終戦…。

人間と動物の思いが一つになった時、

この街にも平和の日々が再び訪れました。

もう、二度と戦争はしないと、心に誓いながら…


※この話はフィクションです


posted by かもめのジョナサン at 18:57| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。