2010年10月13日

「高橋尚子のスマイルアフリカ プロジェクト」シューズ回収


靴が履けない子供たちのために、

マラソンランナーでおなじみ高橋尚子さんが、

子供たちの感染症予防等のために

靴を回収して寄付しています。

お近くの方は、是非ご協力をお願いします。



(1)フジテレビ前でのシューズ回収!!

「高橋尚子のスマイル

アフリカ プロジェクト」シューズ回収

協力:

フジテレビCSR推進プロジェクト、

佐川急便株式会社

期間:

2010年10月13日(水)、14日(木)、15日(金)
   
10:00〜17:00


※悪天候の場合は、

回収を中止する場合がございます。

あらかじめご了承ください。



(2)築地本願寺境内 でシューズ回収!!


@「高橋尚子のスマイル

アフリカ プロジェクト」シューズ回収

協力:築地本願寺

期間:

2010年9月15日(水)〜10月15日(金)

平 日 12:00〜17:00

土日祝 10:00〜17:00


※悪天候の場合は、

回収を中止する場合がございます。

あらかじめご了承ください。



A「スマイル エコ・

ウォーキング&ジョギング with 高橋尚子」

場所:築地本願寺 フェスティバル会場内

期間:

2010年10月16日(土)
   
10:00〜17:00


↓↓↓↓↓

http://www.sotokoto.net/smileafrica/blog/naoko-news/2010910/


posted by かもめのジョナサン at 10:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

「こども代表・平和への誓い」


ぼくの大好きな街、広島。
緑いっぱいの美しい街です。

65年前の8月6日、午前8時15分。
人類史上初めて、
原子爆弾が広島に落とされました。

一瞬のうちに奪われた尊い命。
変わりはてた家族の姿。

原子爆弾は人々が築きあげた
歴史や文化をも壊し、
広島の街を何もかも
真っ黒にしてしまったのです。


しかし、焼け野原の中で、
アオギリやニワウルシの木は、
緑の芽を出しました。

人々も、街の復興を信じて、
希望という種をこの地に蒔きました。

傷つきながらも力いっぱい生き、
広島の街をよみがえらせてくださった
多くの方々に、ぼくたちは深く感謝します。


今、世界は、深刻な問題を抱えています。

紛争や貧困のために
笑顔を失った子どもたちもたくさんいます。

私たちの身近でも、
いじめや暴力など、
悲しい出来事が起こっています。

これらの問題を解決しない限り、
私たちの地球に明るい未来はありません。


どうしたら争いがなくなるのでしょうか。

どうしたらみんなが笑顔になれるのでしょうか。


ヒロシマに生きるぼくたちの使命は、
過去の悲劇から学んだことを、
世界中の人々に伝えていくことです。


悲しい過去を変えることはできません。

しかし、過去を学び、強い願いをもって、
一人一人が行動すれば、
未来を平和に導くことができるはずです。


次は、ぼくたちの番です。

この地球を笑顔でいっぱいにするために、

ヒロシマの願いを、
世界へ、未来へ、
伝えていくことを誓います。


出典:平成22年(2010年)8月6日
平和祈念式典より
posted by かもめのジョナサン at 12:15| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

「2010年 平和学習」



「折る」ことは「祈る」こと


日本人にとって「折り鶴」は、
特別な意味を持つものといえます。

「千羽鶴」といわれるくらい沢山の
「折り鶴」に「願掛け」をする風習は、
この国の人なら誰でも知っています。

一羽一羽心を込めて折る、
折り続けるそのことが、
切なる願いを持つ人の
大きな支えになっているのでしょう。

「INORI」の主人公の
少女もそうでした。

佐々木禎子(さだこ)ちゃん。

広島平和記念公園にある
「原爆の子の像」のモデルでもあります。

頭上に高く「折り鶴」を
掲げた少女の像です。

2才で被爆し12才で亡くなった少女は、
いつか元気になって
皆の待つ家へ帰れることを願いました。

そしてそのためにできること、
それが「折り鶴」を折ることでした。

苦い薬の包み紙を広げ、
一羽一羽折り続けることでした。

「INORI」は「祈り」です。

核軍縮が声高に叫ばれる現代。

少女の残したちっちゃな
「折り鶴」たちは「命」の
尊さを教えてくれます。

生きとし生けるものの
「祈り」を伝えてくれます。

禎子ちゃんの甥にあたる
作者佐々木祐滋さんが、

私に手渡してくれたこの歌を、
これから共に大切に
唄っていきましょう。

それこそ「折り鶴」を折るように。

心を込めて。

↓↓↓↓↓

出典:http://www.puerta-ds.com/kumiko/features/INORI/index.html


クミコ / INORI〜祈り〜(Tou Tube)

↓↓↓↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=4ZF9E_gnYpc


クミコ / INORI〜祈り〜(歌詞)

↓↓↓↓↓

http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND91038/index.html


posted by かもめのジョナサン at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

輪廻転生 12

【シーン9 兵隊としての奮闘】


…兵隊として蘇った者達は戦火へ潜り込む…
(A、Bは本当の兵隊。1〜5は潜り込んだ兵隊)


兵隊A「明日はいよいよ、この爆弾を投下する日だな…」

兵隊B「今までにない威力らしいぜ…」

兵隊A「これもお国のためだ!名誉な事さ!」

兵隊B「なんだか気が重いぜ…」

兵隊A「馬鹿を言うな!隊長に聞かれたら殺されるぞ!」

兵隊B「俺達には拒否する事さえできないのか…」

兵隊A「あぁ!分かったら、さっさと準備を済ませちまおうぜ!」

兵隊B「わかったよ…はぁ…(深いため息)」

兵隊1「俺達って、いったい何のために戦ってるんだ?」

兵隊A「それは、お国のためだろうが、決まってるさ!」

兵隊2「この爆弾を相手国に落とすと、それは我が国のためになるのか?」

兵隊B「それなんだよ…この兵器で、いったい何人の人が死んでしまうのか分かるか?それが我が国のためになるとはどうしても思えない。」

兵隊3「憎しみが哀しみを生むだけだ。ただそれだけなんだ。」

兵隊A「馬鹿も休み休み言えよ!俺達がこいつを落とさないと、俺達は負けてしまうんだ!それが何を意味するか分かって言ってるのか?!」

兵隊4「哀しみは何も残らないんだ。憎しみだけがいつまでも残るんだ。」

兵隊5「憎しみからは、何も生まれないんだよ。」

兵隊B「僕もそう思えてならないんだ…僕には投下できない。」

兵隊A「目を覚ませ!このことは隊長に報告するからな!」

兵隊1「あぁ、報告すればいい。むしろ、自ら報告したいものだ!」

兵隊B「我々には投下できないと伝えてくれ。」

兵隊A「話しにならん!とにかく隊長を呼んで来るからここで待っていろ!」


…兵隊Aは怒鳴りながら隊長を呼びに向かった…


隊長「どうしたんだお前達!」

兵隊1「隊長に聞きたい。なぜ私達は、この爆弾を投下せねばならないのですか?私達はこれ以上戦っても、何の意味もないと思っております。」

兵隊2「無駄に命を失うだけだとは思いませんか?」

兵隊3「お国のために死ぬ事が名誉な事だとは思えません。その死を受け入れなければならない遺族の事を思うと、どれほど罪な事かと思います。」

兵隊4「それは相手国も同じなのではないでしょうか?」

兵隊5「全てが正しい事なんてないんです。私達数名が思う事が正しい事をご理解下さい!お願い致します!!」

兵隊B「私も同感です。私は投下できません。」

隊長「私も諸君が言っている事が正しい事だと分かっている。分かっているんだよ…だが、もうどうする事もできないんだ。誰も救う事はできないんだよ…遅すぎたんだよ、全てが…」


…全員落胆するが、これではいけない事をそれぞれが再確認した…
posted by かもめのジョナサン at 12:06| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

輪廻転生 11

【シーン9 現世へ再び】


…大王から新たな身体を授かった者達が、戦争を終決させるべく、立ち向かう…


兵隊1「私達は、この戦争を一刻も早く止めさせねばならぬ。」

兵隊2「そのために蘇ったんだからな!」

兵隊3「あぁ、みんなできるだけの事をやってみよう。」

兵隊4「バラバラになるが、色んな方面からなんとか導いていこう。」

兵隊5「くれぐれも、俺達の事は悟られないようにな!」

町人1「私達もなんとか入り込むよ!」

町人2「みんなの心を正しい方へ導くのさ!」

町人3「私達にしかできない方法でね!」

町人4「雑草魂を見せてやるわよ!」

町人5「くれぐれも悟られないように…慎重にね…」


…こうして兵隊と町人として蘇った者達は、現世を正しい方向へ導くべく、奮闘するのである…
posted by かもめのジョナサン at 00:30| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

NEWブログの紹介!!


NEWブログの紹介です!!

ヾ(=^▽^=)ノ



ぽちたま.com

ペット愛好家のみなさんに
ペットとの満喫ライフを
プレゼンさせて頂きます!!

http://pochitama-com.seesaa.net/



ブログランキングの

クリックの応援お願いします!!

(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


サイトをお持ちの方は、

相互リンクをお願いします!!

(*´ -`)(´- `*)


このブログ共々宜しくお願いします!!


.。゚+.(・∀・)゚+.゚



posted by かもめのジョナサン at 12:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

・・・新年のご挨拶・・・

100101a.gif



新年、あけましておめでとうございます。

今年は、皆様共々、
飛躍の年になりますように、

よい年にしましょう(^O^)人(^O^)

今年もblog共々宜しくお願いします<(__)>


Jonathan


posted by かもめのジョナサン at 14:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

・・・ご挨拶・・・

091231a.gif


今年は本当にお世話になりました。

なにもかもが手探りでしたが、
何とか形になって参りました。

来年も、blog共々、宜しくお願いします。


よい年をお迎え下さいo(^-^)o


jonathan


posted by かもめのジョナサン at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

・・・署名のお願い・・・



【署名のお願い】

「これからも漢方が
健康保険で使えるように」

去る11月11日(水)の
行政刷新会議の
事業仕分け作業で、
医療用漢方製剤
(漢方エキス製剤
・煎じ薬)を
健康保険から除外する、
という案が出されました。

現在、医師の
7割以上が
漢方薬を使用して、
国民の健康に
寄与してきました。

また、全国の医学部
・医科大学でも
医学教育の中に
漢方教育が取り入れられ、
日本東洋医学会で
専門医教育も行われ、
専門家育成も進んでいます。

わが国が迎えている
少子高齢社会の中で、
われわれ国民の
健康を守るために
なくてはならない
漢方薬・煎じ薬が
健康保険で
使えなくなることに、
断固反対をします。

署名にご協力
お願い致します。

※「漢方を健康保険で
使えるように署名のお願い」

http://kampo.umin.jp/contents02.html

より、抜粋しております。

↓↓↓↓↓

PCの方はこちらからお願いします。


モバイル・携帯の方は
こちらからお願いします。

↓↓↓↓↓

http://bit.ly/kshomei2



posted by かもめのジョナサン at 14:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

輪廻転生 10

【シーン8 黄泉の国から現世へ】


…現世に戻る事を誓ったタケル達は、飼い犬コロの案内で大王の元へ行く…


大王「お前達は先日死んだ者ではないか…揃いも揃って何の用だ。」

タケル「私達は現世に未練を残したまま、黄泉の国へ参りました。きっとこのような事を願う者は多いとは存じ上げますが、どうか私達を現世へ戻しては頂けませんでしょうか…お願い致します!」

大王「未練か…お前達の未練とはなんだ。」

タケル「私達は現世で愚かな事しておりました。人間同士が殺し合い、醜い争いを行っておりました。ここに居る者達は、私達人間のせいで犠牲になった者達です。こんな無意味な戦争は、一刻も早く終わらせなければなりません。ここに居る者達で、それを成し遂げたいのです。」

ミケ「人間は愚かだ。だけどいい人間もいる。毎日、毎日、俺達野良猫に餌を与えてくれた。俺はそんな人間達がどうしても嫌いになれねぇんだ。救ってやりてぇんだ。お願いだ!現世へ戻してくれ!」

ブチ「俺、人間を恨み続けてきたけど、悪い奴ばかりじゃねぇって、やっと分かったんだ。俺も救ってやりてぇんだ!」

トラ「おいらは…おいらは、おばあさんを守ってやりてぇよ…だって、おばあさんは、いつもおいらたちを可愛がってくれたんだ…だから守ってやりてぇんだ!」

タマ「きっと今も、空襲に脅えています。私達をずっとずっと待っていると思います。どうか現世でおばあさんを助けさせて下さい!」

クロ「あたいもだよ!おばあさんは私達が守ってやんなきゃ駄目なんだよ!お願いだよ、現世へ帰しておくれよ!」

シロ「あたい達は、どうせ食われる身だからさ、なんなんだけど…戦争を終わらすなんて大変だろ?力になってやろうかなぁ…なんて思ってさ!」

チャボ「人間に食べられちゃう運命だけど、まぁ、それまではお世話になってるしね…」

クック「うちらも戦争は反対って事さ!こいつらだけじゃ、頼りないしさ…ハハハ」

コロ「どうかお願い致します。こんな愚かな戦争は、どうしても終わらせなければなりません。こんな失敗を犯してしまった罪は償わなければなりません。ですがその前に、もう一度だけ私達にチャンスを頂けないでしょうか!お願い致します!」


…しばらく考え込む大王…


大王「お前達の願いは分かった。だが、同じ容姿で現世へ戻す訳にはいかないのだ。お前達は全て新たな人間と産まれ代わり、戦争を終結させてくれ。これは私からも頼む。これ以上生命を無駄にするようであれば、滅ぼす他にないと思っておった所だ。頼んだぞ。だが、くれぐれもこの事が分からぬよう努めてくれ。その時点でお前達は終わりだ。分かったな。」

タケル「ありがとうございます!誓います!戦争を終結させる事を!」

みんな「はい!誓います!」


…こうして現世に戻る事になった。…


posted by かもめのジョナサン at 19:34| Comment(0) | 輪廻転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。